プロジェクトマネジメントとは?成功の秘訣や求められるスキル、おすすめの本・資格・ツールをプロが解説

プロダクションマネジメントについてお調べですね。

プロジェクトマネジメントは、1つのプロジェクトを細かく分割管理することによって、プロジェクトの進行をスムーズにするために重要な役割を果たします。

本記事では、プロジェクトマネジメントの基本的な管理要素から成功の秘訣、求められるスキルまで紹介します。

プロジェクトマネジメントの具体的な役割を把握したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

プロジェクトマネジメントとは

プロジェクトマネジメントとは

プロジェクトマネジメントとは、プロジェクトの達成に向けた進捗管理方法です。

大きなプロジェクトになると、複数人で1つの仕事に取り組むことになり、プロジェクトを遂行するチームメンバーそれぞれが役割を持つことになります。

そこで、プロジェクトマネジメントによってメンバーの機能連結や作業の進捗管理を行い、効率的にプロジェクトを成功に導きます。

プロジェクトマネジメントは、取り組むプロジェクトを指揮するプロジェクトマネージャーが中心となって行います。

プロジェクトマネジメントの仕事・役割

プロジェクトマネジメントは、社内外に目を向けて幅広い仕事を行う必要があります。

社内での具体的な仕事内容は、プロジェクトの立ち上げ、スケジュール管理、予算や人材の管理、チームのマネジメントなどです。

社外での具体的な仕事内容は、プロジェクトを発注してくれた顧客との綿密なコミュニケーションや仕事を外注している場合は外注先とのコミュニケーションとなります。

プロジェクトマネジメントは、成果をあげるために、プロジェクトに関する社内外すべてを管理する重要な役割を担っています。

プロジェクトマネジメントの必要性

プロジェクトを成功させるためには、スケジュールの遅延や予算の超過、低品質での納品は厳禁です。

プロジェクトマネジメントを行うことで、スケジュールや進捗などを徹底的に管理し、プロジェクトを進めるうえでのリスクを回避することができます。

また、プロジェクトを進める中で予期せぬ事態が起こった場合、即座に対応するためにもプロジェクトマネジメントは必要不可欠です。

プロジェクトマネジメントを取り入れるメリット

プロジェクトを成功させるためには、成果物の品質を高める必要があります。

プロジェクトマネジメントを取り入れてプロジェクトを細分化することによって、各工程で成果物の品質チェックを行うことができます。

品質チェックの際に、現状の問題点を洗い出すことができるため、適宜プロジェクトの改善を行うことが可能です。

また、納期遅れがないように、プロジェクトの進捗状況が各工程のスケジュールに沿って進んでいるか常に確認できる点もメリットといえるでしょう。

プロジェクトマネージャーが行う任務・進め方

プロジェクトマネジメントの一般的な進め方は、以下の通りです。

はじめに、プロジェクトマネージャーがプロジェクトの依頼者である顧客から要望をヒアリングします。

次に、顧客の要望をもとにどのような成果を出せるのか検討し、プロジェクトのゴールを決めて顧客と考えを練り合わせていきます。

プロジェクト内容が確定次第、必要な予算やメンバー、スケジュールを決定し、プロジェクトチームを結成し、プロジェクトを進めていきます。

プロジェクトを進めていく中で発生するトラブルを解決するのもプロジェクトマネージャーの任務です。

プロジェクトマネージャーは、全体の指揮官としてさまざまなトラブルに対処しつつ、プロジェクトのゴールを目指します。

プロジェクトマネジメントの基本的な管理要素

プロジェクトマネジメントの基本的な管理要素

プロジェクトマネジメントには、複数の基本的な管理要素があります。

本記事では、基本的な管理要素として代表的な以下の6点を紹介します。

  • スコープマネジメント
  • コミュニケーションマネジメント
  • タイムマネジメント
  • ステークホルダーマネジメント
  • リスクマネジメント
  • コストマネジメント

それぞれのマネジメント管理要素の詳細を確認していきましょう。

管理要素①:スコープマネジメント

スコープマネジメントとは、プロジェクトを成功させるために必要な取り組みのことです。

具体的には、プロジェクトの達成のために必要なタスクの決定やタスクが確実に実行されるような進捗管理などの取り組みが含まれます。

スコープマネジメントを行うことによって、作業の範囲を明確にし、プロジェクトを適切に進めることができます。

管理要素②:コミュニケーションマネジメント

プロジェクトマネジメントを行う際には、社内外多くの関係者とのやり取りが発生するため、コミュニケーションマネジメントが必要不可欠です。

コミュニケーションマネジメントとは、プロジェクトをスムーズに進めるためのコニュニケーション管理のことを指します。

コミュニケーションは、ただやり取りをするだけでなく、適切な情報を適切なタイミングで提供し、相手が情報を正しく理解したのかを確認することが大切です。

プロジェクト全体での意思疎通が円滑に進むように、コミュニケーションの課題解決や改善を行うコミュニケーションマネジメントは重要な要素となります。

管理要素③:タイムマネジメント

タイムマネジメントは、限られた時間を効率よく使い、プロジェクトの生産性を向上するための要素です。

具体的には、作業にかかる時間をできる限り減らす役割や、同じ時間あたりの生産量を増やす役割を果たします。

時間コストを最小限に抑えてプロジェクトを遂行するために、重要なマネジメントとなります。

管理要素④:ステークホルダーマネジメント

ステークホルダーマネジメントとは、プロジェクトの利害関係者と良好な関係を築くことを目的としたマネジメント要素です。

利害関係者には、プロジェクトの依頼を受けた顧客やプロジェクトを設定した経営陣も含まれる場合があります。

スケジュール通りにタスクが進んでいる場合も、プロジェクトの決定権をもつ人が突如仕様変更を行うと円滑なプロジェクト遂行が難しくなります。

ステークホルダーマネジメントを行ない、日頃から利害関係者と良い関係を築くことによって、スケジュール通り円滑にプロジェクトを進めることが可能になります。

管理要素⑤:リスクマネジメント

リスクマネジメントは、プロジェクトを進める中で障害となる可能性のあるリスクを事前に把握し、対策をとることで危機発生を回避する役割を持ちます。

あらかじめトラブルが起こった際の対処法を考えたうえでプロジェクトを進めることによって、トラブル発生時に被害を最小限に抑えることができます。

リスクマネジメントも、スケジュール通りの円滑なプロジェクト進捗のために欠かせないマネジメント要素です。

管理要素⑥:コストマネジメント

コストマネジメントとは、プロジェクトの遂行にかかる費用を最適化するためのマネジメント要素です。

正確なコスト管理ができていない場合、コスト超過を招きプロジェクトの進行を著しく妨げる恐れがあります。

プロジェクト全体を考えて、限られた予算の中でコストマネジメントを行うこともプロジェクトマネジメントの重要な要素です。

プロジェクトマネジメントに役立つフレームワーク

プロジェクトマネジメントに役立つフレームワーク

プロジェクトの管理を容易にするためにはフレームワークを使用することがおすすめです。

日本語でフレームワークとは「骨組み」を意味します。プロジェクトの管理を決まった骨組みに落とし組むことで、より円滑なプロジェクトマネジメントが行えます。

プロジェクトマネジメントにフレームワークを活用することで、「管理にかかる工数が削減できる」「プロジェクトの情報が整理されミスを減らせる」などのメリットがあります。

現在までに、プロジェクトマネジメントを円滑に行うためのフレームワークが複数構築されています。

プロジェクトマネジメントに役立つフレームワークについて詳しく知りたい方は「プロジェクトマネジメントを成功させるおすすめフレームワーク一覧!初心者でも簡単な管理手法をプロが解説」にて紹介しています。

プロジェクトによっても使用できるフレームワークが異なるため、自社のプロジェクトに適したフレームワーク選びの参考にしてください。

プロジェクトマネジメントに必要なスキル・能力5選

プロジェクトマネジメントに必要なスキル・能力5選

プロジェクトマネジメントは、プロジェクトを円滑に遂行するうえで重要な役割を果たします。

そのため、プロジェクトマネジメントを成功させるためには、高いスキルや能力が必要です。

プロジェクトマネジメントに必要なスキル・能力には、次の5つが挙げられます。

  • コミュニケーション能力
  • 問題解決能力
  • 未来を予測する能力
  • 広く全体を見渡す能力
  • 情報収集能力

以下でそれぞれ詳しく解説します。

必要なスキル①:コミュニケーション能力

プロジェクトマネジメントを行う際には、細分化された仕事の各担当者との綿密な打ち合わせや進捗管理が必要です。

また、顧客や仕事を任せる外注先との連携も必要となるため、社内外の多くの人とコミュニケーションを取る場面が出てきます。

トラブルなくマネジメントを円滑に進めるためには、高いコミュニケーション能力が必要不可欠です。

必要なスキル②:問題解決能力

プロジェクトを進行する中で、思わぬトラブルが発生することも多々あります。

急なトラブルが発生した際に、トラブルを解決するための問題解決能力が不足していた場合、プロジェクトの成功は難しくなります。

そのため、プロジェクトマネジメントでは、トラブルの原因を瞬時に把握して改善を図る高い問題解決能力が求められます。

必要なスキル③:未来を予測する能力

プロジェクトマネジメントの仕事は、未来のゴールを想定してプロジェクトを円滑に進めることです。

そのため、ゴールにたどり着くための予算や人材管理、スケジューリングを的確に行う必要があります。

未来を予測する能力がない場合、予算や人材の管理、スケジューリングが難しく、円滑なプロジェクト遂行ができません。

プロジェクトマネジメントを行ううえで、ゴールから逆算してスケジュールを立てるためにも、未来を予測する能力は必要不可欠です。

必要なスキル④:広く全体を見渡す能力

プロジェクトマネジメントは、プロジェクトを細分化して事業を進めるため、広く全体を見渡す能力が必要となります。

細かく分かれた仕事の進捗をそれぞれ把握し、問題点を瞬時に把握することによって、プロジェクトをスムーズに進行することが可能です。

そのため、広い視野を持ってプロジェクトマネジメントを行うことが重要です。

必要なスキル⑤:情報収集能力

プロジェクトマネジメントを行うためには、高い情報収集能力が求められます。

適切なプロジェクト進行のために、チームメンバーや顧客の意見、チーム全体の雰囲気などさまざまな情報を常に収集する必要があります。

プロジェクトに関するあらゆる情報の中から必要な情報を集め取り入れることによって、より円滑にプロジェクトを遂行することが可能です。

プロジェクトマネジメントを行う際には、常にアンテナを張り、高い情報収集能力を活かした課題解決を行う必要があります。

プロジェクトマネジメントを成功させる要素

プロジェクトマネジメントを成功させる要素

円滑にプロジェクトを進めるためには、いくつかのポイントを理解したうえでプロジェクトマネジメントに取り組む必要があります。

プロジェクトマネジメントを成功させる要素として、以下の3点が挙げられます。

  • プロジェクトでやるべきことを細かく決める
  • プロジェクトのスケジュール管理を徹底する
  • 最終的な目標を常に頭に入れてプロジェクトに取り組む

それぞれの要素の詳細と必要な理由を確認していきましょう。

プロジェクトでやるべきことを細かく決める

プロジェクトマネジメントを成功させるためには、計画段階でやるべきことを細かく決めておくことが大切です。

計画段階で細かく予算や人材の配置、スケジュールなどを決めておくことによって、プロジェクト遂行段階でのトラブルを減らすことができます。

また、一つひとつの仕事を明確にしておくことは、最終的な成果物の品質を高めることにも繋がります。

プロジェクトのスケジュール管理を徹底する

プロジェクトを円滑に進めるためには、スケジュール管理の徹底が必要です。

高品質の成果物が用意できても、納期を守れなければ顧客からの信頼は得られません。

細分化された仕事の進捗管理をそれぞれ徹底することで、納期に遅れることなくゴールを目指すことができます。

最終的な目標を常に頭に入れてプロジェクトに取り組む

プロジェクトを進める際は、常に最終的な目標を頭に入れ多状態でマネジメントをする必要があります。

計画段階で決めた最終目標の達成こそがプロジェクトの成功になるため、常にゴールを意識することで的確なマネジメントが可能です。

プロジェクトマネジメントを行う上で気を付けるべき注意点

プロジェクトマネジメントを行う上で気を付けるべき注意点

プロジェクトマネジメントはプロジェクトの円滑な進行に欠かせない重要な役割です。

そのため、責任も大きく、マネジメントをする中で気をつけなければならない注意点がいくつかあります。

プロジェクトマネジメントを行う際の注意点としては、以下の2点が挙げられます。

  • 問題が小さいうちに早期対応を心掛ける
  • 関係者と頻繁にコミュニケーションを取る

以下で気を付けるべき理由について詳しく解説します。

問題が小さいうちに早期対応を心掛ける

プロジェクト進行時には、小さな問題やトラブルが発生することが多々あります。

小さな問題であっても、対処せずに置いておくと取り返しのつかない問題に発展する危険性があります。

プロジェクトを進める中で問題やトラブルが発生した場合は、早期の対応・解決を心掛けましょう。

関係者と頻繁にコミュニケーションを取る

プロジェクトマネジメントを行う際は、プロジェクトの関係者と密にコミュニケーションを取ることを心掛けましょう。

頻繁にコミュニケーションを取ることで、各担当の悩みや意見を把握することができます。

それぞれの考えを把握することによって、トラブルを未然に防ぎやすくなります。

また、それぞれの進捗を把握することで各担当の管理もしやすくなるため、円滑にプロジェクトを進めるためにもコミュニケーションは重要です。

プロジェクトマネジメントを上手く行うための管理手法

プロジェクトマネジメントを上手く行うための管理手法

プロジェクトを成功させるためには、円滑なプロジェクトマネジメントを行うことが必要です。

以下で、プロジェクトマネジメントを円滑に進めるための6つの管理手法を紹介します。

プロジェクトによっては適さない手法もあるため、内容を確認したうえで、自社が取り組むプロジェクトに有効な手法を取り入れてみてください。

WBS(作業分解図)

WBSとは、英語の「work breakdown structure」の頭文字をとった言葉となります。

プロジェクトを成功させるために対応するべきタスクと担当者を細かく洗い出します。

そして、それぞれのタスク及び担当者がいつまでに何の作業をどの程度完了するのかを一目でわかるように分解図にしたものがWBSです。

プロジェクトの作業を細分化して明確に管理したい場合に、有効な手法といえます。

タイムライン

タイムラインを使用することで、時系列でのタスク管理が可能です。

時系列でのタスク管理により、それぞれの担当者がいつまでに何をしらなければならないのかを可視化でき、スケジュールの管理が簡易化します。

ただし、タイムラインのタスクの完了表示には限界がある点がデメリットとして挙げられます。

マインドマップ

マインドマップは、タスクや担当者を細かく細分化する際に用いる手法です。

マインドマップは、タスクの分割に関してはWBSに似ていますが、より柔軟にタスクを管理したい場合に有効です。

また、マインドマップは、写真の挿入やファイルのリンクなどの貼り付けも可能となっています。

カレンダー

カレンダーは、日頃から日程管理で使用している方も多い手法です。

いつ、どのタスクをこなすのかが、週単位・月単位で一目で把握できるためスケジュール管理がしやすくなります。

カレンダーをプロジェクトに関わるすべての人と共有しておくことで、メンバーそれぞれの動きをプロジェクト全体で把握することができます。

ガントチャート

ガントチャートは、大きなプロジェクトを小さなタスクに細分化し、それぞれのタスクの開始日から完了日までを一目で確認できるようにする手法です。

それぞれのタスクの進捗やスケジュールを一目で確認できるため、作業に遅れがないか簡単に把握することができます。

ガントチャートは、タスクごとの関係性が見えづらい点や、スケジュールの大幅な変更に対応しづらい点がデメリットといえます。

PERT図

PERT図は、プロジェクトの中でタスク処理の順番を明確にする際に用いる手法です。

それぞれの作業への時間の割り当てや、タスクの開始日と終了日が表示されるため、進捗状況が可視化できます。

タスク間の相互関係や作業順を明確化したい場合は、PERT図の使用がおすすめです。

プロジェクトマネジメントにおすすめの資格・受けるべき試験

プロジェクトマネジメントにおすすめの資格・受けるべき試験

プロジェクトマネジメントを行う際に、必ず取得が必要な資格はありません。

しかし、円滑にマネジメントを行ううえで、プロジェクトマネジメントに関する知識をつけておくことは重要です。

プロジェクトマネジメントにおすすめの資格・受けるべき試験は以下の2つです。

  • プロジェクトマネージャー試験(PM)
  • プロジェクトマネジメントプロフェッショナル(PMP)

それぞれの資格・試験の内容を以下で確認していきましょう。

なお、プロジェクトマネジメントに役立つおすすめの資格や学習に役立つ本を詳しく知りたい方は「プロジェクトマネジメントに役立つおすすめの資格一覧!資格取得の難易度や学習のための本をプロが解説!」にて紹介していますので、参考にしてみてください。

プロジェクトマネージャー試験(PM)

プロジェクトマネージャー試験(PM)は、情報処理推進機構によって試験が実施されている国家資格の1つです。

プロジェクトマネージャー試験の合格率は15%程度といわれており、取得難易度の高い資格となります。

資格取得の難易度が高いため、取得することでプロジェクトマネジメントに関する知識や熱意を証明することができます。

資格取得の過程で、予算や人材、スケジュールの管理に関する高い知識が身に付きます。

プロジェクトマネジメントプロフェッショナル(PMP)

プロジェクトマネジメントプロフェッショナル(PMP)は、プロジェクトマネジメントに関するスキルを客観的に証明できる資格です。

PMPの資格試験は、アメリカの非営利マネジメント協会であるPMIによって実施されています。

資格を取得する過程で、プロジェクト管理のためのスケジュール調整能力や品質管理、コスト管理に関するスキルを高めることができます。

キャリアアップや転職にも役立つ資格となるため、取得を検討してみてはいかがでしょうか。

プロジェクトマネジメントを学ぶおすすめの本・書籍

プロジェクトマネジメントを学ぶおすすめの本・書籍

プロジェクトマネジメントを本や書籍で学ぶことによって、より円滑なプロジェクト管理が可能となります。

プロジェクトマネジメントが学べるおすすめの本・書籍は以下の5冊です。

  • 『問題解決能力を高める「推論」の技術』
  • 『外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント』
  • 『プロジェクトリーダーの教科書』
  • 『担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座』
  • 『マンガでわかるプロジェクトマネジメント』

以下で、それぞれの本・書籍で学べる内容を紹介します。

また、プロジェクトマネジメントを学べるおすすめの本についてより詳しく知りたい方は「プロジェクトマネジメントが良く分かるおすすめの本・書籍20選!初心者・資格取得向けをプロが解説【2022年】」を参考にしてください。

『問題解決能力を高める「推論」の技術』

プロジェクトマネジメントを成功させるためには、未来を予測した仮説が重要となります。

『問題解決能力を高める「推論」の技術』では、豊富な事例をもとに仮説を立てる手順を解説しています。

初めてプロジェクトマネージャーを担う人でも、書籍に示される手順通りに仮説を立てることで、経験に頼ることなく優れた仮説を立てやすくなります。

プロジェクトの計画段階で仮説を立てる際に、参考にしてみてはいかがでしょうか。

『外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント』

『外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント』は、これまで数多くのプロジェクト主導を行なってきた著者によって書かれた本です。

プロジェクトを成功させるためには、何が必要であるかが問題提起された内容となっています。

プロジェクトを達成するために目的を明確化することの重要性が示されており、結果を残すために重要なポイントを知りたい方におすすめの本と言えます。

『プロジェクトリーダーの教科書』

『プロジェクトリーダーの教科書』は、大手企業で13年間に渡ってプロジェクトのトラブルリカバリーを行ってきた実践経験豊富な著者によって書かれた本です。

プロジェクトマネジメントは、トラブルが起こるという前提のもと、12のステップに分けてプロジェクトリーダーに必要なスキルやマインドセットを解説しています。

プロジェクトの問題点を見極めるリスクマネジメントについても学べる書籍となっています。

リスクを極限まで抑えて、円滑にプロジェクトを進行できるようになりたい方におすすめの本です。

『担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座』

『担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座』は、プロジェクトマネジメント初心者向けの書籍です。

プロジェクトマネージャーに必要な基礎知識や技術が紹介されています。

プロジェクトマネジメントで使用する用語も丁寧に解説されているため、初めてプロジェクトマネジメントを任された際に、マネジメントの基礎を学ぶ参考にしてみてください。

『マンガでわかるプロジェクトマネジメント』

『マンガでわかるプロジェクトマネジメント』では、タイトルの通り、プロジェクトマネジメントの基本的な手法や用語がマンガ形式で紹介されています。

活字を読むのが苦手な人でも読みやすい本となっているため、プロジェクトマネジメントの基礎を無理なく学べる1冊です。

初めてプロジェクトマネージャーに任命された際に、プロジェクトマネジメントについて簡単に学びたい方におすすめです。

プロジェクトマネジメントを成功させるためのおすすめツール

プロジェクトマネジメントを成功させるためのおすすめツール

プロジェクトマネジメントを初めて行う場合、タスク管理などを手助けしてくれるツールの利用がおすすめです。

プロジェクトマネジメントを成功させる手助けとなるおすすめツールを3つ紹介します。

  • Trello
  • Backlog
  • Jooto

プロジェクトマネジメント経験のあるマネージャーの方にもおすすめですので、ぜひ取り入れてみてください。

ツール①:Trello

Trelloは、チーム力を高めるためのタスク管理ツールです。

プロジェクト進行のスケジュールを見える化するだけでなく、タスクカートやガントチャート、フォルダー型リストによって、プロジェクトの徹底管理が可能となります。

また、Trelloはプロジェクトの規模に応じてツールをカスタマイズすることができます。

Trelloは、会社の規模に適したタスク管理ツールを利用したい方におすすめのツールです。

ツール②: Backlog

Backlogは、さまざまな業種のプロジェクトマネジメントに使用できるタスク・プロジェクト管理ツールです。

シンプルなデザインが特徴的で、初めて使用する人でもすぐに理解することができるように簡単な操作方法となっています。

1つのプラットフォームでプロジェクトチーム全体の進捗状況を一括管理できるため、より円滑にプロジェクトを進めることが可能です。

簡単操作でプロジェクト進捗を瞬時に把握したい方には、Backlogがおすすめです。

ツール③: Jooto

Jootoは、シンプルなデザインのタスク・プロジェクト管理ツールです。

Jootoを使用するメリットは、ツールを導入しても成果が出ない場合や使い方がわからない場合などに、運営からのサポートが受けられる点です。

Jootoは、ツールの最適な使い方を把握したうえで便利なタスク・プロジェクト管理ツールを使用したい方におすすめです。

プロジェクトマネジメントに関するQ&A

ここまでプロジェクトマネジメントの役割や取り組み方について網羅的に解説してきました。

最後に、プロジェクトマネジメントに関してよくいただく質問についてまとめました。

Q&A形式でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

Q1:プロジェクトマネージャーの1日のスケジュール

プロジェクトマネージャーの1日のスケジュール例は以下になります。

プロジェクトマネージャーの1日のスケジュール

上記は平均的な1日のスケジュールですが、プロジェクトの最終段階には残業や休日出勤が発生する場合もあります。

また、プロジェクトマネージャーの1日のスケジュールは、企業の規模や業種によっても異なるため、大まかなスケジュールとして参考にしてください。

Q2:プロジェクトマネジメントに関する研修・セミナーへの参加は必要?

プロジェクトを成功させるためにプロジェクトマネジメントは重要な役割を果たします。

そのため、プロジェクトマネジメントを円滑に進めるために知識を深めたい方は研修やセミナーへの参加をおすすめします。

企業やプロジェクトマネージャーは、研修やセミナーへ積極的に参加することによって、知識を深め、より質の高いプロジェクトマネジメントを行うことが可能になります。

Q3:プロジェクトマネージャーは新人でもなれる?

新人の頃からプロジェクトマネージャーになれる可能性は極めて低いです。

社内の事情や在籍する人材の能力を把握していない新人では、プロジェクトを管理するのは難しいとされるのが一般的です。

プロジェクトマネージャーになりたい場合は、まずはプレイヤーとしてさまざまな仕事を経験して社内の事情にも詳しくなった段階で、経営陣にプロジェクトマネージャーになることを提案してみてはいかがでしょうか。

Q4:プロジェクトマネジメントを経験後のキャリアパスは?

プロジェクトマネジメントを経験することで、広く全体を管理してプロジェクトをゴールに導くなど企業経験に必要な力をつけることができます。

プロジェクトマネジメントは高いスキルが求められるポジションのため、経営陣からの信頼が厚い人が配置されることが多い仕事です。

そのため、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクトを成功させることによって、将来的に経営幹部へと昇進する可能性があります。

将来、経営幹部になりたい方は、自身のキャリア形成のためにもプロジェクトマネジメントを経験することをおすすめします。

Q5:プロジェクトマネジメント経験後の転職先は?

プロジェクトマネジメントは仕事の難易度が高いため、経験することで転職にも有利に働きます。

社内にプロジェクトマネージャーに適した人材がいない場合、求人を出す企業も多いです。

プロジェクトマネジメントを行える人材は少ないため、現在の会社よりも待遇の良い会社のプロジェクトマネージャーに転職できる可能性があります。

また、各業種のディレクターやプロデューサーなど仕事や人材、予算を管理する仕事へ転職できる可能性も高まります。

Q6:プロジェクトマネジメントのPMBOKとは?

「PMBOK」とは、プロジェクトマネジメントのフレームワークの1つです。

簡潔に述べると、プロジェクトマネジメントに関する知識を体系的にまとめた参考書のようなものです。

現在では、この「PMBOK」がプロジェクトマネジメントを行う際の世界基準となっています。

「PMBOK」は、高品質・低コスト・納期を早くすることを目標とする管理方法になります。

Q7:プロジェクトマネージャーの年収は?

プロジェクトマネージャーの全国の平均年収は約645万円です。(出典:求人ボックス)

プロジェクトマネージャーは、日本の平均年収と比べて200万円ほど高く、高水準の年収といえます。

業種によって平均年収は異なりますが、Web業界のプロジェクトマネージャーは800万円を超えることも期待できます。

また、50代・60代でプロジェクトマネージャーの仕事をする場合は、年収が1000万円を超えることもあります。

プロジェクトマネージャーは高いスキルが求められる仕事ですが、他の職種と比べて高年収が期待できます。

監修

ククレブ総合研究所
ククレブグループの提供するCCReB GATEWAYやCCReB AI等のテックサービスを通し、世の中の企業経営動向等を分析・発信するため2020年9月に設立された機関。
経営戦略、財務トレンドに始まり、企業不動産動向、ESG調査等、企業が開示する情報をもとに日々多角的な観点で分析を行い、最新のビジネストレンドを発信している。

 

免責事項
当レポートは、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではございません。また、本内容は現時点での判断を示したに過ぎず、データ及び表現などの欠落、誤謬などにつきましては責任を負いかねますのでご了承ください。当レポートのいかなる部分もその権利はククレブ・アドバイザーズ株式会社及びククレブ・マーケティング株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、無断で複製または転送などを行わないようお願いします。