プロジェクトマネジメントが良く分かるおすすめの本・書籍20選!初心者・中級者向けをプロが解説【2022年】

プロジェクトマネージャーの業務内容は多岐にわたり、高いスキルが求められるため、日頃からプロジェクトマネジメントに関して学び続けることが必要です。

本記事では、プロジェクトマネジメントについて学ぶことができるおすすめの本を紹介します。

プロジェクトマネジメント初心者向けの本から中級者向けの本まで、それぞれの用途に合わせた本を厳選して紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

プロジェクトマネジメントの基本情報

プロジェクトマネジメントの基本情報

プロジェクトマネジメントの役割や業務内容を詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

プロジェクトマネジメントとは、社内のプロジェクトが成功するように円滑にマネジメントすることを示します。

プロジェクトの規模が大きいほど1つ1つのタスクは細分化され、計画通りに進めるためにはプロジェクトの管理者が必要になります。

プロジェクトの円滑な進行のための管理を担う役職が、プロジェクトマネージャーです。

なお、プロジェクトマネジメントの基本的な管理要素や成功の秘訣、求められるスキル等については別記事「プロジェクトマネジメントとは?成功の秘訣や求められるスキル、おすすめの本・資格・ツールをプロが解説」で詳しく解説しています。

プロジェクトマネジメントについて網羅的に知りたい方は、まずはこちらをご覧ください。

プロジェクトマネージャーの基本的な役割

プロジェクトマネージャーの役割は、プロジェクトを通してクライアントの要件を満たす成果物を用意し、会社に最大限の利益をもたらすことです。

プロジェクトマネージャーはプロジェクトが円滑に進むように、チームメンバーの士気の向上や納期遅れを防ぐためのタスク管理、顧客の要望を満たすためのコミュニケーションなどさまざまな業務を担います。

業種やプロジェクトの内容によって多少の違いはありますが、プロジェクトマネージャーの業務内容は主に以下の5つです。

  • クライアントとの打ち合わせのもとプロジェクトの計画立案
  • プロジェクトメンバーや予算の決定・管理
  • 進行中のトラブルへの対応
  • プロジェクトの進行と納期管理
  • 成果物の高品質化

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの始まりから終わりまでの全体を管理し、プロジェクトを成功に導くために重要な役割を担います。

プロジェクトマネジメントを学ぶ本の選び方

プロジェクトマネジメントを学ぶ本の選び方

プロジェクトマネジメントを学ぶための本には、さまざまな内容のものがあります。

本を選ぶ際には、自身が身につけたい知識・スキルや苦手な分野を学べるかどうかを考えることが大切です。

プロジェクトマネジメントを学ぶための本の選び方として、以下の方法を参考にしてみてください。

プロジェクトマネジメントに必要なスキルから書籍を考える

プロジェクトマネジメントを学ぶための本を選ぶ際には、はじめに円滑なプロジェクト進行のために必要なスキルを考えることが重要です。

プロジェクトマネジメントにはさまざまなスキルが求められるため、用途に応じた本を選びましょう。

プロジェクトマネジメントに関する幅広い知識

プロジェクトマネジメントを行うためには、幅広い知識が必要です。

そのため、プロジェクトマネージャー初心者の方には、プロジェクト管理の全体像を学べる本の選択をおすすめします。

また、活字だけでなくマンガ形式の本や図解付きの本もあるため、自身が1番理解しやすい本を選びましょう。

スケジュール管理や予算の管理能力

プロジェクトの円滑な進行のために、スケジュールや予算の管理能力は欠かせません。

スケジュールの管理ミスは、納期遅れにつながります。また、予算の超過も会社の利益減少につながるため避けるべき項目です。

正確なスケジュール管理や予算管理ができるように、スキルを身につけることができる本を選ぶようにしましょう。

コミュニケーション能力

プロジェクトマネージャーは、高いコミュニケーション能力が求められる役職です。

クライアントや経営陣、プロジェクトのチームメンバーなどさまざまな人と関わり合ってプロジェクトを進行する必要があります。

プロジェクトマネジメントを行う際のコミュニケーションに特化した本も多く販売されているため、参考にしてみましょう。

自身の苦手な分野を重点的に学べる書籍を中心に選ぶ

プロジェクトマネジメントには、コミュニケーション能力や幅広い情報収集能力などさまざまなスキルが求められます。

仕事の向き不向きは誰にでもありますが、弱点克服のためにも、本を読む際は苦手な分野を重点的に学べる書籍を選ぶようにしましょう。

本を読むことで得た知識やスキルを実践の場で活かすことによって、苦手な分野の克服につながり、プロジェクトマネージャーとしてさらなる活躍が期待できます。

プロジェクトマネジメントに関する本の効果的な読み方

プロジェクトマネジメントに関する本の効果的な読み方

プロジェクトマネジメントに関する本は、目的を持って読むことでより自身の学びにつながります。

プロジェクトマネジメントに関する本の効果的な読み方として、以下の2点を意識しましょう。

  • アウトプットを決めてから読む
  • 自分のプロジェクトに照らし合わせながら読む

本を読む目的を明確にし、自身のプロジェクトの状況と照らしあわせて本を読むことによって、学んだ内容を実践の場で役立てやすくなります。

アウトプットを決めてから読む

プロジェクトマネジメントに関する本を読む際には、いかにアウトプットに活かせるかを考えて読むことが大切です。

例えば、プロジェクトマネージャーの経験が長い人が基本的な情報しか書かれていない本を読んでもアウトプットにはつながりません。

本を読んで得た知識やスキルをプロジェクトマネジメントに活かすためには、アウトプットまで考えたうえで本を読むことが重要です。

自分のプロジェクトに照らし合わせながら読む

プロジェクトによって求められる知識やスキルは異なります。

自身が任されているプロジェクトでは、どのような知識・スキルが必要なのかを考えたうえで本を読むことが大切です。

例えば、規模が大きなプロジェクトでタスクが細かく分かれている場合は、ITを上手く活用して管理する方法を考えつつ読むことで、実践的力につなげることができます。

現在管理しているプロジェクトと照らし合わせて、何が必要か考えたうえで本を読むことが大切です。

プロジェクトマネジメントを学べるおすすめの本20選

プロジェクトマネジメントを学べるおすすめの本20選

プロジェクトマネジメントを学べる本は複数販売されています。

その中でもおすすめの本を以下のようにそれぞれの用途に応じて分類し、20冊紹介します。

  • プロジェクトマネジメント初心者向けの書籍
  • プロジェクトマネジメント中級者向けの書籍
  • IT関連のプロジェクトマネジメント向けの書籍
  • プロジェクトマネジメントに関する書籍のベストセラー

それぞれ5冊ずつ紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

プロジェクトマネジメント初心者向けの書籍5選

プロジェクトマネージャーをはじめて任された場合や実務経験がない場合、どのようにタスクや予算を管理すればよいのか基礎的な知識がなく、対応方法が分からない方も多いです。

そのようなプロジェクトマネージャー初心者の方に向けて、プロジェクトマネジメントを基礎から学べる書籍を紹介しています。

これ以上やさしく書けないプロジェクトマネジメントのトリセツ

『これ以上やさしく書けないプロジェクトマネジメントのトリセツ』は、プロジェクトマネージャーになったばかりの方におすすめの本です。

プロジェクトマネジメントの知識が全くない方でも、業務管理の全体像が理解できるように書かれている入門書になります。

プロジェクトマネジメントを進める中でつまずくポイントや失敗例が示されており、リスク対策を行う際にも役立つ内容です。

図解を用いてプロジェクトマネジメントについて説明されているため、読みやすい1冊となっています。

よくわかる最新プロジェクトマネジメントの基本と要点

『よくわかる最新プロジェクトマネジメントの基本と要点』は、プロジェクトマネジメント初心者の方に向けて知識とノウハウを解説した入門書です。

プロジェクトマネジメントの全容がつかめるように、架空の中堅企業のパーティープロジェクトの流れを解説しています。

この書籍を読むことによって、プロジェクトの決定からスケジュール・品質管理、コミュニケーション、リスク管理までプロジェクト遂行の一連の流れを理解することができます。

ポイント図解プロジェクトマネジメントの基本が面白いほど身につく本

『ポイント図解プロジェクトマネジメントの基本が面白いほど身につく本』は、プロジェクトマネジメントの現場で起こるトラブルのリスク対策に役立つ知識が書かれている本です。

重要なポイントが図で示されているため、初心者でも理解しやすい内容となっています。

プロジェクトマネジメントの目標設定や計画、実行に使える基本ツールも無料でダウンロードできるため、より円滑なプロジェクトマネジメントに役立てることが可能です。

初めてのプロジェクトマネジメント

『初めてのプロジェクトマネジメント』は、若手のプロジェクトマネージャーを対象に書かれた本で、プロジェクト成功のための方法論が示されています。

プロジェクトマネージャーに必要な知識を専門用語を用いずに解説しており、内容が理解しやすい1冊です。

1時間弱で手軽に読める内容となっているため、通勤時間などの隙間時間にプロジェクトマネジメントの知識をつけたい方にもおすすめです。

プロジェクトマネジメントの基本がこれ1冊でしっかり身につく本

『プロジェクトマネジメントの基本がこれ1冊でしっかり身につく本』は、プロジェクトマネジメントについて基礎から学べる入門書です。

プロジェクトマネジメントの流れを「立ち上げ」「計画」「実行」「監視・コントロール」「完了」の5段階に分け、それぞれで実施すべきポイントを丁寧に解説しています。

また、トラブルが起こりやすい点についても書かれているため、プロジェクトマネージャー初心者でもプロジェクトの流れや注意点を把握することができます。

1冊の本でプロジェクトマネジメントを網羅的に学びたい方におすすめです。

プロジェクトマネジメント中級者向けの書籍5選

プロジェクトマネジメント中級者向けの書籍を5冊紹介します。

以下で紹介する5冊の書籍では、基本的な知識が身に付いたプロジェクトマネージャーが、より高いレベルでプロジェクトを管理するための応用が学べます。

プロジェクト管理能力をより高めたい場合は、以下の5冊を学びに役立ててみてはいかがでしょうか。

担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座

『担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座』は、「目標設定」「計画」「実行」の3つの視点に着目して解説されています。

図を用いてノウハウなどが示されているため、内容がわかりやすく、簡単に理解することが可能です。

より実践的な場で使用できる内容が具体的に示されているため、プロジェクトマネジメントに関する基礎知識を理解したうえで今後実践していきたい中級者におすすめの1冊といえます。

最高の結果を出すKPIマネジメント

『最高の結果を出すKPIマネジメント』は、プロジェクトマネジメントの場において求められるKPIマネジメントの手法が学べる本です。

KPIとは日本語で「重要目標達成指標」を示しており、プロジェクトマネジメントの目標を達成するために必要なプロセスを数値化する手法です。

プロジェクトを成功させるための数値や取り組みを明確化することによって、スケジュール管理がしやすくなり、プロジェクトの成功につながります。

KPIマネジメント手法は、プロジェクトマネジメントについてある程度の知識が備わった中級者におすすめの管理法です。

外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

『外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント』は、電通で10年、外資系コンサルティングで20年働いた経験豊富な著者によって書かれた書籍です。

結果を出すプロジェクトマネージャーに必要な思考を解き明かす内容となっています。

この本では、成功するプロジェクトの見極め方やプロジェクト初期段階でしておくべきマネジメントなど、実践的な手法が紹介されています。

紙1枚に書くだけでうまくいくプロジェクト進行の技術が身につく本

複数のプロジェクトが存在する中で、成功するプロジェクトはおおよそ全体の5割程度といわれています。

プロジェクトは、進行中にさまざまなトラブルに見舞われることが多く、思い通りに進めることは困難です。

『紙1枚に書くだけでうまくいくプロジェクト進行の技術が身につく本』では、プロジェクトの問題点を明らかにし、円滑なプロジェクトの進行を手助けするツールである「プロジェクト譜」が紹介されています。

「プロジェクト譜」を使用することによって、プロジェクトの構造をシンプルに表現することができ、トラブル回避や課題改善を助けてプロジェクトを成功へと導きます。

プロジェクト管理を簡単に行うことができるツールを知りたい方におすすめです。

図解とマンガでわかるプロジェクトを成功させる技術

『図解とマンガでわかるプロジェクトを成功させる技術』は、これまでに10万人以上に読まれている人気の書籍です。

プロジェクトマネジメントを行うにあたり、何から始めて、いつ、何をやれば良いのかが事細かに示されています。

また、マンガ形式の本となっているため、活字に抵抗がある方でも読みやすいのが特徴です。

プロジェクトマネジメントの現場でそのまま使用できるテンプレート付きの書籍となっています。

IT関連のプロジェクトマネジメント向け書籍5選

プロジェクトマネジメントを円滑に行うためには、エクセルやチャートなどのIT系ツールの使用が必須です。

高いITスキルを身につけることによって、より効率的にプロジェクトを管理することが可能となります。

プロジェクトマネジメントを行う中で、ITを活用する方法が学べる書籍を紹介します。

また、IT現場でのプロジェクトマネージャーの育成に関する書籍も紹介するため、参考にしてみてください。

ITエンジニアのためのプロジェクトマネジメント入門

『ITエンジニアのためのプロジェクトマネジメント入門』には、プロジェクトマネジメントのフレームワークであるPMBOKにもとづいた本格的な管理手法が示されています。

全330ページを超える読み応えのある内容となっており、ITエンジニアやIT系企業のプロジェクトマネジメントの考え方が記されています。

IT現場でプロジェクトマネージャーを育成するための内容となっているため、今後ITエンジニアやIT企業を目指す方におすすめの1冊です。

日経ITエンジニアスクール プロジェクトマネジャー最強の指南所

『日経ITエンジニアスクール プロジェクトマネジャー最強の指南所』は、システム構築プロジェクトのプロジェクトマネジメントを行う際に役立つマネジメント術が示された本です。

時間を効率よく使用するためのタイムマネジメント術やトラブル回避のためのリスクマネジメントなど、実践的なノウハウが示されています。

この本は、理論のみを示している書籍とは異なり、より実践的な内容となっているため、ITシステム構築プロジェクトのマネジメントに関する実践的知識を身につけたい方におすすめです。

PMBOKによるITプロジェクトマネジメント実践法

プロジェクトマネジメントにおいて、最もよく活用されるフレームワークにPMBOK(ピンボック)があります。

『PMBOKによるITプロジェクトマネジメント実践法』は、PMBOKの概要や活用方法、システム開発プロジェクトへの適用方法などが示された書籍です。

また、プロジェクト管理を成功に導くための実践法も紹介されています。

単にPMBOKの活用を詳しく学びたい方にもおすすめの1冊です。

この1冊ですべてわかる新版ITコンサルティングの基本

プロジェクトマネジメントでは、プロジェクトチームを円滑に進行するためにITツールの使用が必要不可欠です。

『この1冊ですべてわかる新版ITコンサルティングの基本』は、ITに関する基礎的な知識を学べる書籍です。

図を使用してわかりやすく解説しているため、ITに関する知識が不足している方でも、この1冊でさまざまなツールを使いこなすことができるようになるでしょう。

ITの仕事に就いたら「最低限」知っておきたい最新の常識

プロジェクトマネジメントでは、さまざまな場面でITを活用したプロジェクトの管理を行っています。

そのため、プロジェクトマネージャーには必要最低限のITの知識が求められます。

『ITの仕事に就いたら「最低限」知っておきたい最新の常識』は、プロジェクトマネジメントに関するITの知識を基礎から学びたい方におすすめの書籍です。

プロジェクトマネジメントに関する書籍のベストセラー5選

プロジェクトマネジメントを学べる書籍の中で、これまでに多く販売されてきた人気の本を紹介します。

人気の本には、読みやすく多くの知識が学べるものが多いため、学習に役立てることをおすすめします。

人気の書籍の中から、特におすすめの5冊を以下で紹介します。

だから僕たちは、組織を変えていける:やる気に満ちた「やさしいチーム」

日頃仕事をする中でチームの雰囲気に違和感を感じた経験がある方も多いのではないでしょうか。

『だから僕たちは、組織を変えていける:やる気に満ちた「やさしいチーム」』では、プロジェクトマネジメントの管理手法ではなく、チームメンバーとの関係構築に重きを置いた内容が示されています。

組織の空気感を変えていくためのメソッドが書かれており、チーム力や組織力を高めてプロジェクトを進行したい方におすすめの書籍です。

リーダーの仮面「いちプレーヤー」から「マネージャー」に頭を切り替える思考法

『リーダーの仮面「いちプレーヤー」から「マネージャー」に頭を切り替える思考法』では、プレーヤーとしての能力は30代がピークであるため、それ以降はマネージャーとしてのマネジメント力を磨くことが大切であるとされています。

具体的にはマネジメント力を高めるために、以下の5つのポイントに注力することが重要であると示されています。

  • ルール
  • 位置
  • 利益
  • 結果
  • 成長

将来を見据えて、プロジェクトマネージャーに必要な考え方を身につけておきたい方におすすめの書籍です。

問いかけの作法 チームの魅力と才能を引き出す技術

プロジェクトマネジメントを経験したことがあるプロジェクトマネージャーであれば、「プロジェクトメンバーが思い通りに動いてくれない」という悩みを1度は抱えたことがあるでしょう。

『問いかけの作法チームの魅力と才能を引き出す技術』は、プロジェクトメンバーの主体性や創造性を引き出すためのマネジメント術が示された本となります。

チームの組織力を高めたいプロジェクトマネージャーの方におすすめの本です。

良い戦略、悪い戦略

プロジェクトを成功させるためには、良い戦略を立てる必要があります。

しかし、はじめてプロジェクトマネージャーを任された場合、良い戦略とはどのような戦略か分からない方が多いのではないでしょうか。

『良い戦略、悪い戦略』では、良い戦略と悪い戦略の違いが明確に解説されており、良い戦略を練るための思考法が示されています。

プロジェクトを成功に導くための良い戦略を立てる際に参考となる書籍です。

世界で一番やさしい資料作りの教科書

プロジェクトマネジメントの仕事には、プロジェクト進行の管理だけでなく、クライアントや経営陣への進捗報告も含まれます。

進捗報告の際に、現状をわかりやすく説明するための資料を作成する場面が出てきます。

いくらプロジェクトが順調に進んでいても、その進行状況をクライアントや経営陣に理解してもらえなければ意味がありません。

『世界で1番やさしい資料作りの教科書』は、プレゼンテーションを行う際に必要な報告書の適切な作り方を学べる書籍となっています。

報告時の資料作りに不安を抱えている方におすすめの1冊です。

プロジェクトマネジメントに関する書籍を読むときのポイント

プロジェクトマネジメントに関する書籍を読むときのポイント

プロジェクトマネジメントに関する本を読む際にいくつかのポイントを押さえておくことで、より効果的な学びにつながります。

本を読む際は、以下の3点を意識して読むことをおすすめします。

  • 複数の書籍を読み比べる
  • 重要な部分は線を引く
  • 学んだことはアウトプットする

以下で1つずつ意識するべきポイントについて解説していきます。

複数の書籍を読み比べる

プロジェクトマネジメントに関する書籍を読む際には、1冊の本だけを読むのではなく複数の本を読み比べることが大切です。

本によって、プロジェクトマネジメントの計画作りやリスクヘッジの方法など書かれている内容はさまざまです。

そのため、プロジェクトマネジメントに関して幅広い知識を身につけられるように、複数の本を読み比べるようにしましょう。

重要な部分は線を引く

本を読む中で、プロジェクトマネジメントに役立つと思った部分には線を引くようにしましょう。

プロジェクト進行中にトラブルが発生した場合、後からすぐに見返すことができて便利です。

また、内容が長い本の場合は付箋を用いることで、重要なページをすぐに確認することができるためおすすめです。

本を読むことによって得た知識やスキルを実践の場でも使用できるように、重要なポイントをチェックしておくことが大切です。

学んだことはアウトプットする

本を読み、プロジェクトマネジメントに関する知識を身につけたら、学んだ内容を実践の場で積極的にアウトプットするようにしましょう。

プロジェクトマネージャーには知識やスキルも必要ですが、何よりも実務経験が重要です。

実践の場において本で学んだ内容が「役に立つ」か「役に立たない」かを判断し、円滑なプロジェクトマネジメントにつなげられるようにチャレンジすることをおすすめします。

監修

ククレブ・アドバイザーズ株式会社 代表取締役
ククレブ・マーケティング株式会社 CEO
宮寺 之裕
大手リース会社、不動産鑑定事務所を経て、J-REITの資産運用会社の投資部門にて企業不動産(CRE)に携わる。
大手事業法人のオフバランスニーズ、遊休地の活用等、数々の大手企業の経営企画部門、財務部門に対しB/S、P/Lの改善等の経営課題解決を軸とした不動産活用提案を行い、取引総額は4,000億円を超える。不動産鑑定士。
2019年9月に不動産Techを中心とした不動産ビジネスを手掛けるククレブ・アドバイザーズ株式会社を設立。
2021年10月にはデータマーケティング事業を主軸としたククレブ・マーケティング株式会社を設立し、現在に至る。

 

免責事項
当レポートは、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではございません。また、本内容は現時点での判断を示したに過ぎず、データ及び表現などの欠落、誤謬などにつきましては責任を負いかねますのでご了承ください。当レポートのいかなる部分もその権利はククレブ・アドバイザーズ株式会社及びククレブ・マーケティング株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、無断で複製または転送などを行わないようお願いします。