総研レポート・分析

サプライチェーンマネジメントとは?成功事例をもとにした導入方法やおすすめの本・ツールをプロが解説!

サプライチェーンマネジメントは、商品の生産から流通、販売までを一括で管理する管理手法です。

近年、商品の流れを一括して管理できるように、サプライチェーンマネジメントを導入する企業が増加しています。

本記事では、サプライチェーンマネジメントの基礎知識や導入方法、メリットまで網羅的に解説しています。

今後サプライチェーンマネジメントの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

サプライチェーンマネジメントとは?基本知識を確認

サプライチェーンマネジメントとは?基本知識を確認

現在サプライチェーンマネジメントの導入を考えている方の中には、「なぜ重要なのか」「具体的には何をすれば良いのか」よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

まずはじめに、サプライチェーンマネジメントの目的や必要性など基礎知識を確認しておきましょう。

サプライチェーンマネジメントが注目される背景についても解説するので、自社に取り入れるべきかどうかの判断材料にしてみてください。

サプライチェーンマネジメント意味や目的

サプライチェーンマネジメントは、商品の調達から最終的に顧客の手元に届くまでの一連の流れを統合的に見直す経営管理手法です。

プロセス全体の流れを管理することができるようになるため、商品の流れの効率化と無駄なコストの削減が可能となります。

サプライチェーンマネジメントを導入して物流の一元管理を行うことによって業務を効率化し、利益の増加を目指すことができます。

サプライチェーンマネジメントが注目される背景

サプライチェーンマネジメントは、比較的新しいマネジメント手法ですが、注目される背景にはIT技術の発達があります。

IT環境が整い、ITシステムを導入することによって、サプライチェーン全体のマネジメントが容易にできるようになりました。

現在は物流の効率化を図るために、多くの企業によってサプライチェーンマネジメントの導入が進められています。

サプライチェーンマネジメントの必要性

高品質の商品を顧客に届けることができれば、企業の信頼は高まります。その結果、商品の需要が高まり、物流がさらに活発化していくことが考えられます。

サプライチェーンマネジメントを導入することによって、より効率的な商品の流れを作ることが可能になり、さらなる顧客の獲得にもつながります。

企業の利益を最大化するためにも、サプライチェーンマネジメントの導入は必要不可欠です。

サプライチェーンマネジメントを企業が取り入れるメリット

サプライチェーンマネジメントを企業が取り入れるメリット

近年、サプライチェーンマネジメントを取り入れる企業が増加しています。

サプライチェーンマネジメントを取り入れることによって得られるメリットには、以下の3点が挙げられます。

  • 全体を管理できてデータ分析がしやすい
  • 物流に関するコストを最適化できる
  • 在庫を最適化できる

以下でそれぞれ確認していきましょう。

全体を管理できてデータ分析がしやすい

サプライチェーンマネジメントを取り入れることによって、流通の全体像を管理することができます。

そのため、それぞれで収集したデータをもとに分析がしやすくなり、正確な需要を把握することができるようになります。

流通の中で無駄を瞬時に分析することができるため、効率化につなげることが可能です。

物流に関するコストを最適化できる

データをもとにサプライチェーン全体の情報を把握することができれば、仕入れの個数や小売店への配送タイミングなどを把握することが可能です。

さまざまな情報を把握することによって、無駄な出費を抑えつつ物流にかかるコストを最適化することができます。

物流にかかるコストの大幅な削減は、企業利益の増加につながります。

在庫を最適化できる

商品を在庫として抱えると保管費用が発生し、利益の減少につながります。

一方、在庫が切れてしまった場合、補充に時間がかかるため顧客への納品にも時間がかかります。納品までの時間が長くなると顧客からの信頼も低下してしまうため、企業の売上低下につながる可能性もあります。

サプライチェーンマネジメントを導入することによって、データから販売状況を把握することができるようになるため、在庫の最適化を行うことができます。

需要に応じて必要な分だけ在庫を用意しておくことで、無駄な保管費用の発生を防ぐことが可能です。

サプライチェーンマネジメントを取り入れた企業の成功事例

サプライチェーンマネジメントを取り入れた企業の成功事例

サプライチェーンマネジメントを取り入れた企業の事例を確認することによって、効果的な導入方法を理解することができます。

これまでにサプライチェーンマネジメントの導入に成功してきた企業の事例として、以下の2社を紹介します。

  • ユニクロ
  • 花王

成功事例を参考にし、自社の効果的な取り組みに役立ててください。

事例①:ユニクロ

ユニクロは、1年間で約13億着もの服を販売している世界的なアパレル企業です。

ユニクロは、膨大な量を安定的に提供するために、サプライチェーンマネジメントを取り入れています。

円滑に商品が供給できるように社員が協業先に常駐しており、もしものトラブルの際にはすぐに対応することができる体制を整えています。

また、AIによる推奨値を使用する新たな取り組みの導入にも積極的です。

事例②:花王

花王は、全国の10万店の店舗に受注後24時間以内に商品を納入するサービスを行なっています。

納入の際に、在庫余りが出ないように過去のデータを活用し、需要予測に基づく在庫の最適化を図っています。

花王は、独自の需要予測手法を使用することによって、新商品の在庫余りを70%削減することに成功しました。

サプライチェーンマネジメントの導入方法と便利なツール

サプライチェーンマネジメントの導入方法と便利なツール

サプライチェーンマネジメントの導入方法や導入の際にマネジメントを助ける便利なツールを以下で紹介します。

サプライチェーンマネジメントを導入する際に、ぜひ参考にしてみてください。

サプライチェーンマネジメントの実際の導入手順

サプライチェーンマネジメントを行う場合、まずは必要な人材を集めるためにメンバーの選定を行います。

選定した人材の中から、戦略構想力を持つ人材をリーダーに選出します。

次に、自社のサプライチェーンを構築するために、他社との関係を築きます。

最後に、サプライチェーンに参加する関係者と情報やリスクの共有を行い、ルールを確立したうえで運用をスタートします。

おすすめツール「Asprova」

Asprovaは、企業の現場で出る課題の解決から収益の改善までを手助けするツールです。

Asprovaは、現場からのさまざまなニーズに応えた機能を搭載しており、計画作成の効率化や在庫削減、組織内での情報の共有などを手助けしてくれます。

サプライチェーンマネジメントを導入し、円滑な運用を行いたいと考えている方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

サプライチェーンマネジメントの課題・問題点

サプライチェーンマネジメントの課題・問題点

サプライチェーンマネジメントには、全体の情報管理やコスト削減が可能になるなど多くのメリットがある反面、導入にあたって課題や問題点もあります。

事前にデメリットも理解しておくことによって、導入時のリスク管理にもつなげることが可能です。

サプライチェーンマネジメントの課題・問題点には、以下の2点が挙げられます。

  • 導入コストが高い
  • 思いがけないヒット商品がなくなる

以下で、それぞれ詳しく解説します。

導入コストが高い

サプライチェーンマネジメントを行うことによってさまざまなデータ管理を行うことができ、コストの削減にもつながります。

しかし、導入時に多くの費用がかかる点がデメリットとなります。

サプライチェーンの大まかな流れはどの企業も同じですが、企業によっては特徴が異なるため、独自のシステム作りが必要です。

独自のシステムを開発するには多くの費用がかかるため、導入時のデメリットといえます。

思いがけないヒット商品がなくなる

サプライチェーンマネジメントを導入して物流を管理することによって、在庫やコストの最適化が可能です。

しかし一方で、思いがけないヒット商品を潰す危険性もあります。

今まであまり売れていなかった商品がメディアに取り上げられ、突如ヒットをするということは珍しくありません。

そのように急な需要の変動が起こった際に、過去のデータをもとにした在庫管理を行うことで顧客への納品が遅れてしまい、企業の信頼や利益の低下につながる恐れがあります。

サプライチェーンマネジメントを学べるおすすめの本•書籍3選

サプライチェーンマネジメントを学べるおすすめの本•書籍3選

より良いサプライチェーンマネジメントを行うためには、マネジメント方法に関する知識が必要です。

サプライチェーンマネジメントに関して基礎から学ぶ際には、本による情報収集をおすすめします。

サプライチェーンマネジメントを基礎から学びたい方におすすめの本は、以下の3冊です。

  • 基礎から学べる!世界基準のSCM教本
  • トコトンやさしいSCMの本
  • 図解でわかるSCM いちばん最初に読む本

それぞれの内容を紹介するので、書籍選びの参考にしてみてください。

『基礎から学べる!世界基準のSCM教本』

『基礎から学べる!世界基準のSCM教本』は、今後海外へ進出してグローバルに活躍したい方におすすめの本です。

この本では、世界基準のサプライチェーンマネジメントについて解説されています。

日本でサプライチェーンマネジメントが普及し始めた時期は、2000年代の前半です。そのため、日本は世界的に見るとまだまだサプライチェーンマネジメントに関して後れをとっています。

今後を見据えて、世界基準のサプライチェーンマネジメントを学びたい方におすすめの1冊です。

『トコトンやさしいSCMの本』

『トコトンやさしいSCMの本』は、サプライチェーンマネジメントについて基礎から解説している入門書です。

サプライチェーンマネジメントについての予備知識がない方にも理解できるように、わかりやすく説明されています。

また、最新のサプライチェーンマネジメントの動向にも言及しており、IoTやAIを使用したサプライチェーンについても紹介されています。

サプライチェーンマネジメントを基礎から学びたい方におすすめの1冊です。

『図解でわかるSCM いちばん最初に読む本』

『図解でわかるSCM いちばん最初に読む本』は、サプライチェーンマネジメントについて図を用いてわかりやすく解説をしている本です。

活字を読むのが苦手な方でも、図解によってマネジメントのノウハウが理解できるようになっています。

サプライチェーンマネジメントの基礎知識からリスク管理、SDGsの課題解決までわかりやすく説明されている1冊です。

サプライチェーン4.0に向けて

サプライチェーン4.0に向けて

サプライチェーンマネジメントは、世界の企業が導入を進める中で、技術の発達も後押しして進化を遂げています。

サプライチェーンマネジメントの進化には、以下の4段階のステップがあります。

①自社やグループ内におけるサプライチェーンの最適化の実現

②対象とする商品の原材料の調達から販売までの全ての流れの最適化

③自動車、家電、食品、医薬品など特定の業界全体でのサプライチェーンの最適化

④サプライチェーンの省人化、自動化

 

④の段階は「サプライチェーン4.0」と表現され、サプライチェーンマネジメントを行う際に目指すべき段階とされています。

クラウド化によるサプライチェーンの変化

日立製作所は、サプライチェーン全体の計画を立案するクラウドサービスを展開しています。原材料の調達から製造、販売までの全てのデータをサイバー空間上で紐付けることによって、サプライチェーン全体を再現しています。

このクラウドサービスでは、モノやお金、情報の流れをサイバー空間上でシミュレーションすることができ、需要変動に対応した計画を自動で立案することが可能です。

このようにクラウド化が進むことによって、サプライチェーンマネジメントの自動化が進み、高度な計画が自動的に作られるようになります。

ブロックチェーンによるサプライチェーンの変化

これまで企業間の情報は、メールやファックス、電話などを使用して連携するのが一般的でした。

そのため、企業は大量の紙の使用や電話代、やり取りにかかる時間の消費に悩まされることが多くありました。

しかし、今後はブロックチェーンをバイパスとして、企業間での情報共有を行うことが可能となります。

需要情報や受発注情報、部品・製品入出庫情報、契約情報などブロックチェーンの中で自動的・自律的な契約執行が行われるようになると予想されています。

ブロックチェーンでの情報共有によって、円滑なサプライチェーンマネジメントを行うことが可能になり、管理の効率化に加えて新たな参入企業の増加も見込まれます。

監修

ククレブ・アドバイザーズ株式会社 代表取締役
ククレブ・マーケティング株式会社 CEO
宮寺 之裕
大手リース会社、不動産鑑定事務所を経て、J-REITの資産運用会社の投資部門にて企業不動産(CRE)に携わる。
大手事業法人のオフバランスニーズ、遊休地の活用等、数々の大手企業の経営企画部門、財務部門に対しB/S、P/Lの改善等の経営課題解決を軸とした不動産活用提案を行い、取引総額は4,000億円を超える。不動産鑑定士。
2019年9月に不動産Techを中心とした不動産ビジネスを手掛けるククレブ・アドバイザーズ株式会社を設立。
2021年10月にはデータマーケティング事業を主軸としたククレブ・マーケティング株式会社を設立し、現在に至る。

免責事項
当レポートは、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではございません。また、本内容は現時点での判断を示したに過ぎず、データ及び表現などの欠落、誤謬などにつきましては責任を負いかねますのでご了承ください。当レポートのいかなる部分もその権利はククレブ・アドバイザーズ株式会社及びククレブ・マーケティング株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、無断で複製または転送などを行わないようお願いします。